社員インタビュー

中村 誓也 Seiya Nakamura [制作部 第一制作チーム]

■イベント業界で働こうと思ったきっかけを教えてください。

元々イベントが好きで、学生の時もイベントのアルバイトをしており、どういうことをするのかなどの仕事のイメージを持てていたことや、シンプルに大きい会場で沢山の人が集まって盛り上がっているのが好きというのもあり、そういうイベントに関わる仕事がしたいと考えておりました。その中でジャプロは同年代の若いメンバーが多く、自分が働くイメージを持てたことや、皆で協力しながら仕事を進めていける環境に自分自身すごく魅力を感じました。

■現在の主な業務内容を教えてください。

主催のクライアントとやり取りを重ねながら、どういうイベントにするか、どういう計画にするか、イベントに関する様々な備品関連の精査、提示や手配、見積関連、案件の報告書(情報を集めて精査してまとめる)、マニュアルなどの制作作業などを行っています。また同時並行で細かい制作作業も一緒に進めています。例えば会場あたり(会場が空いているかなどの調査)、企画書を作る材料を集めるなど、部分的な制作作業なども行っていますね。

■中村さんの仕事のやりがいを教えてください。

自分が計画などして作ったものが実際にイベントとして行われているということに感動しますね!また、そこに多くの人が足を運んでいるという事実に達成感や、やりがいを感じます。

あと制作って皆で進めるのが基本で、チームでやるものであるということが僕としてはとても楽しいです。メンバーで情報共有し、作業分担やスケジュール組みなど、チームでミーティングを重ねながら業務を進めている時間が僕は好きですね。

■どんな人と一緒に働きたいですか?

チームで仕事をすることを面白がれる人がいいですね。あと、皆で作り上げるという意味でも、できない人がいればそれを補わなければいけないし、そういう場面に直面した時でも「助けたい!」「補いたい!」と思えて仕事ができる人、それを負担に思うことがない人がいいですね。また自分が困ったときや仕事ができなくなった時にチームのメンバーから助けたいと思われるような人柄だとよりいいですね。

PAGE TOP